クラミジア感染症とは自覚症状があまり出ない病気ですので、クラミジア検査が必要となり、特に若い女性は要注意です。気付いた時には手遅れなんて事のないようにしましょう。

  • ホーム
  • 膣内への病原菌の侵入とクラミジア検査

膣内への病原菌の侵入とクラミジア検査

カプセルと葉

なんらかの病原菌に感染している相手と性行為をしてしまった場合、相手からその病原菌をうつされてしまうリスクはきわめて高くなってきます。
このように性行為が原因となる感染症のことを、性感染症と一括して呼んでいます。
実際には細菌のほかにも真菌、ウイルス、マイコプラズマなどのさまざまな病原体が想定されるため、それぞれに適した検査方法や治療方法をもって対応をしなければならないのはいうまでもありません。

性感染症のなかでも多くみられるのが、性器クラミジア感染症と呼ばれるものであり、これはクラミジアという菌が性行為を通じて膣の入口や腟内などに侵入してしまったがために症状があらわれるというものです。
性器クラミジア感染症にかかった女性は、おりものの量が増えたり、不正出血があったりといった症状をともなうのがふつうですが、症状がほとんどあらわれないこともあります。
その場合、病気にはかかっていないものと考えて放置してしまうものですが、これがかえってクラミジアの増殖を助長することになってしまい、症状が重症化してからの対応になってしまいがちなので注意が必要となってきます。
クラミジアが増殖をすると、膣の入口で子宮頚管炎を発症させ、次いで膣の奥に入って子宮内膜炎や卵管炎、卵巣炎といった病気を起こしてしまうものです。

そのため、早めに病院などでクラミジア検査を受けて、病原菌を特定した上で、抗生物質のような効果のある医薬品を処方してもらうことが不可欠となってきます。
クラミジア検査には、いくつかの方法がありますが、ごく簡単なものであれば、尿を採取する程度であり、患者の負担はそれほど大きなものではありませんので、不安がらずに検査を受けるべきです。

人気記事一覧